小動きな相場でも稼ぎやすい!

sdfsfu88 バイナリーオプションの魅力は小動きな相場でも稼ぎやすいところです。FXで小動きな相場ではスプレッドがある分だけ稼ぐのが難しいものがあります。レバレッジをかけても小動きな相場ではあまり効率的ではないです。バイナリーオプションでは為替レートが上昇するまたは下落するの予測通りなら、投資金額が1.7倍から1.8倍くらいになります。

たとえ0.1pipsでも良いので予測通りなら取引成功なので、FXよりも小動きな相場を得意にしています。相場が乱高下しだすとxmtradingでは神経をすり減らしてしまうことがありますが、バイナリーオプションでは関係ないです。取引期間は国内バイナリーオプションで長くて2時間ほど、海外バイナリーオプション業者で短くて60秒ほどと短時間でそれを実現させることが可能です。

FXのようにレバレッジをかけることは出来ませんが、1ロットあたりの投資金額を多めにすればハイリターンを狙えます。FXで考えられる損失はショートの場合は無限大ですが、バイナリーオプションでは予め投資金額までと決まっています。損切りの決断ができなくても判定時間を迎えれば自動的に決済されるので、損失が膨らんでしまうことも無いです。現物株では大きな投資金額が必要ですが、バイナリーオプションでは1ロット500円くらいから購入することが可能です。

いきなり大きな投資金額を投入するのでは怖いと言う初心者の方でも手軽に投資できるのが魅力です。朝から夜遅くまで取引が開催されているので、都合の良いタイミングで取引に参加することが出来ます。その代わりにFXのようにトレンドに乗れた時に大きなpipsを稼ぐようなことが出来ないです。トレンド相場では通常のFXで大きく狙い、レンジ相場や小動き相場でFXでは思うように稼げないときはバイナリーオプションでと使い分けされると効率が良いです。

バイナリーオプションはFXのポジションのヘッジにも使えます。バイナリーオプションでは業者にもよりますがラダーオプション、ハイ&ロー、ワンタッチ、レンジなどいろいろなオプションから選んで取引が出来ます。ラダーオプションはローリスクローリターン、ミドルリスクミドルリターン、ハイリスクハイリターンの投資が出来るのが特徴です。ハイ&ローはトレンド相場に相性が良く、ワンタッチやレンジはレンジ相場で相性が良いです。トレーダーのスタイルや相場の種類に合わせて使い分けできるのも良い所です。ただ一か八かのギャンブルのような取引をしてしまうと、思わぬ損失が膨らみかねないので注意が必要です。


価格転換

価格転換がいつ起きるかという分析をどうするかがよくわからず私の頭を悩ませてきましたが、最近知ったサイクルを利用した判断方法を手法に用いるようになって少しは解決されました。

サイクル分析の決定打というほどではないけれど、一つの目安のようなものとして考えるようにしたのが、昔からあって超有名なギャンのサイクル分析です。損益のバランスや目の前の価格ばかりに目がいって重要視していませんでしたが、サイクル分析の理論も調べてみるとなかなか奥が深く、手法の考え方の軸にしてFXをするのに良いと感じています。