FXの使用方法とリスク管理

sdsdf89u88 レバレッジを効かせなければ、手数料の安い外貨預金と同じであり、金利差も反映されます。レバレッジを大きく効かせれば、利益も大きくなりますが、大きな損失を被る可能性もあります。

SBI証券において米ドルで他の金融商品を取引する場合は、為替手数料を25分の1まで安くすることができます。また、FX市場は非常に多くの人が参加している巨大市場なので、常に価格は変動し、流動性の高い市場です。株の様に売りたくても買い手がいないから取引できないということはなく、一部のマイナーな通貨を除けば、注文を出せばすぐに約定します。

FXは一般に高リスク商品と思われていますが、リスクをコントロールして取引枚数の管理や損切りの徹底などを行えば、外貨預金や外貨MMFよりむしろメリットの多い金融商品です。

通貨間の金利差により利益を得るのであれば、通常の外貨預金よりも、FXの方をお勧めします。ただ、FXで取引してもっと利益を得たいのであれば、最低でも5万円から10万円の資金は必要となります。

また、どの様なトレードスタイルであれ、ある程度余裕を持った取引をするのであれば、50万円位は必要です。FXは、日中から深夜に至るまで、いつでも取引を行うことができ、注文を出した瞬間に取引が成立します。外貨預金や外貨MMFの様に、取引に時間がかかるという様なこともありません。またFXは、株の様に1日の中での取引可能な時間が決まっているわけではなく、24時間取引が可能なので、いつでもデイトレードを行うことができます。

ですから、デイトレーダーの人には、FXは最適です。但し、土日については、取引をすることはできません(指値や逆指値などの予約注文を入れることはできます)。土日以外の祝日については取引可能ですが、年末年始やクリスマスには制限がある為、注意が必要です。

また、日本では市場が閉じていても、為替レートが変動することがあります(場合によっては、大きく動くこともあります)。これは、時差の影響で、外国の市場が開いていることによります。(中東の市場は、土日でも開いていることがあります)。

次に、FXと他の金融商品を比べてみます。FXは基本的には外貨預金と同じである為、低リスク低リターンな金融商品です。

レバレッジをかけることにより高リスク高リターンな取引になりますが、これはボラティリティが高く高リスクな海外株式などに投資することとは、全く異なる話しです。

大きなレバレッジによる取引は、投資というよりは投機やギャンブルの要素が強くなります。特にFXは先の見通しがし難い為、なおさら高レバレッジは避けるべきです。

ファンダメンタル分析やテクニカル分析に秀でた人でなければ、勘や運に頼った取引だけでは、高レバレッジのFXで安定して利益を上げることはできないのです。

海外資産に投資をして着実に資産を増やしたいのであれば、外貨で24OPTION | 24オプション.biz 口座開設や海外株式や海外ETFを購入する方が、絶対にいいです。円建ての海外株式や債券などを扱っている投資信託を、購入するという選択肢もあります。

初心者のうちは、FXでは低レバレッジの取引にとどめ、円安やインフレ対策・あるいはスワップの獲得程度に考えておいた方がいいでしょう。円安やインフレに対し、円を外貨に替えるというのはシンプルな対策ですし、FXは外貨預金として活用するには非常にすぐれた方法なのです。


価格転換

価格転換がいつ起きるかという分析をどうするかがよくわからず私の頭を悩ませてきましたが、最近知ったサイクルを利用した判断方法を手法に用いるようになって少しは解決されました。

サイクル分析の決定打というほどではないけれど、一つの目安のようなものとして考えるようにしたのが、昔からあって超有名なギャンのサイクル分析です。損益のバランスや目の前の価格ばかりに目がいって重要視していませんでしたが、サイクル分析の理論も調べてみるとなかなか奥が深く、手法の考え方の軸にしてFXをするのに良いと感じています。