不動産投資で稼ぐ

sdfsd7788 定年頃になると、「不動産投資の勧誘の電話が増えた」という話をよく聞きます。不動産とは、土地や建物などの持ち運びができない資産のことです。そのような資産へ投資することを、不動産投資と言います。動かない資産とはいえ、価値は上下に動きますから投資対象となります。その意味ではバイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記にある商材とも対比できるかも知れません。

投資法は以下の二つがあります。

・不動産投資信託・REIT(リート)
・現物投資

これらについてはのちほど説明します。

<不動産投資の特徴>

まず、不動産投資はオルタナティブ投資の一種であるため、通貨や株、債券のように価値がなくなってしまうことはほとんどありません。土地も限りのある資産ですので、特に都市部の土地は競争率も高く価値も高くなります。不動産の価値の変動は、ゆるやかに動きます。

不動産を売却する場合、譲渡所得に対して税金がかかります。短期(5年内)で譲渡した場合と長期(5年以上)で譲渡した場合では、譲渡所得に対してかかる税率が大きく異なりますので、価値が乱高下することはあまりないといえるでしょう。3大都市部(東京・大阪・名古屋)においては2014年に地価が3つとも上昇しています。都市部と農村部でも地価の値動きは異なってきますので、成長性のある地域を見つけることもポイントとなるでしょう。

不動産(土地・建物)は、人が生活をするために必ず必要になる資産とも言えます。一度、不動産を持てば、半永久的な需要と収入が見込める可能性もあるわけです。純金投資と比較してのメリットに一つに、利子が発生することも挙げられます。投資で利子が欲しいと考えている場合は、投資先の一つとして候補になります。

<不動産の安全性>

日本国内の不動産に投資する場合の一番のリスクは、災害リスクが挙げられるでしょう。地震だけでなく、台風による土砂崩れなども各地で起こっています。現在は、2020年のオリンピックに向けて東京都中心に不動産関係の市場も活発化しています。しかし、バブル崩壊により地価が暴落したこともありました。不測の事態は通貨だけでなく、不動産においても起こる可能性はあります。災害リスクなどの影響性の低い不動産を見つける情報収集力も必要となります。

<小額から始められる不動産投資信託REIT(リート)>

REITは、Real Estate Investment Trustの頭文字を取ったものです。たくさんの投資家から集めた資金で、複数の不動産に投資をする投資信託です。日本では、J-REITと呼ばれます。現物投資では、かなりの資金が必要となることもありますが、投資信託のため小口から投資を始めることができます。

複数の不動産への分散投資となるので、リスクを軽減することが可能となります。国内外問わず分散投資をすれば、日本特有の震災リスクも軽減することができるでしょう。ただし、外国には外国特有のリスクもあります。

純金や不動産自体は換金性が低いというデメリットがあります。J-REITは証券取引所に上場している企業ですので、株式と同様に売買することが可能です。小口投資が可能で、換金性も高いのでオルタナティブ投資を始めたい方にもおすすめの金融商品と言えます。


価格転換

価格転換がいつ起きるかという分析をどうするかがよくわからず私の頭を悩ませてきましたが、最近知ったサイクルを利用した判断方法を手法に用いるようになって少しは解決されました。

サイクル分析の決定打というほどではないけれど、一つの目安のようなものとして考えるようにしたのが、昔からあって超有名なギャンのサイクル分析です。損益のバランスや目の前の価格ばかりに目がいって重要視していませんでしたが、サイクル分析の理論も調べてみるとなかなか奥が深く、手法の考え方の軸にしてFXをするのに良いと感じています。